猫!

2月22日は猫の日ですね♪
これ、いつから言われるようになったのかなぁ…気付いたら定着していましたね。そういえば、11月11日のポッキー&プリッツの日なんかも気付けば一般的になってましたし…SNSの影響なのかな?

とにかく、猫の写真や動画をたくさんみる機会があって、動物好きとしてはとっても嬉しい日でした♪

私は、お顔の可愛い美人猫さんやあざといくらいの子猫さんも良いのですが、味わいのあるブサかわ系や貫禄系がいちばん好きです!

実家にも猫がいるのですが、これがなかなかの貫禄で…
エサが欲しいときには近付いてきて、無言で私の足に手をかけて見上げてくるんです。
それがなんともえらそうで大好きなんですよねぇ。

久々に我が家の猫に会いたくなってきました。

LUNAサプリ 効果なし

寝る前のやめられない習慣

私には最近、寝る前に習慣になっていることがあります。それは、温かいココアを飲みながら読書をすることです。

少し砂糖を多目に入れて甘くしたココアを飲んでいると、疲れも癒されます。やはり寒い時期には熱い飲み物を飲んで体を温めるのが一番です。

甘い飲み物を飲みながら読書をすると、ゆったりとした気分になります。こうして私は1日の締めくくりの時間をリラックスして過ごしているのです。

しかしこれには問題もあります。夜中にトイレに行きたくなって必ず目が覚めてしまうのです。

眠りにつく前に水分をとっているのだから当たり前といえば当たり前です。朝まで熟睡したいなら、寝る前のココアをやめれば良いのです。

でも、やはりあの癒しの時間を手放すなど今の私には到底できないでしょう。そして今日も夜中に目覚めるのは分かっていながらもココアに手を伸ばす私がいるのです。

ホットヨガ 枚方

お寿司は大好きやけど、そんなに続いては・・・

いつも義両親の家には月1回ぐらいの間隔で遊びに行ってるんですが、だいたい昼ぐらいに行ってお昼を家で食べさせてもらって遊ぶパターンが多かったのが2か月前と1か月前のお昼は子供も私もお寿司が大好きなのでお昼ご飯に回転寿司を食べに連れて行ってくれました。娘もエビやイカたこが大好きで思う存分食べて私も大好きないなり寿司からデザートもまで2か月続けてお寿司を食べれて大満足でした。子供も本当お寿司だとよく食べるので家族でいくと結構な値段になるから、なかなか連れて行けないので本当に有難かったです。そんな中、娘が誕生月だったのでお義母さんが前に子供がエビフライが好きなんやねって言われていたので誕生日の時にでも作ってくれるつもりなのかもと思っていたら、また1か月前も行った回転寿司に連れて行ってくれる事になり3か月も連続で申し訳ないけど嬉しいなと思っていました。そして、そのまま帰りにプレゼントも買ってもらって公園でも遊んでから家に帰ったら夜ご飯は何も考えていないんやけど家にあるもので作るわと言って下さり一緒に準備していたら卵を焼いてって事になり私が焼いていたらお義母さんが、どんどん高野豆腐やちくわ、椎茸などを炊きごはんが炊けて酢で和えてられるので、もしやと思ったら本当に夜ごはんもちらし寿司といった寿司三昧の一日になりました。好きだからいいんですけど一日に2回もお寿司って事にちょっと笑えた一日でした。http://xn--gck7ah4mm11o4du.xyz/

健康な毛穴になるには

お風呂の時徹底的にすすぎ行為をするのは別に構わないのですが、皮膚の保水作用をも流し過ぎないように、夜ボディソープでボディ洗浄するのは過度になることを避けるようにすることで皮脂が流れすぎないようにしてください。

地下鉄に乗っている時とか、数秒のタイミングにも、目に力を入れていることはないか、人目につくしわが生まれてきてはいないかなど、顔のしわを認識して過ごすことをお薦めします。

嫌なしわができるとみなされている紫外線と言われるものは、顔のシミやそばかすの要因とされる美容の大敵と言えます。

まだ若い時期の滅茶苦茶な日焼けが、30代を迎えてから大きなシミとして顕在化します。

スキンケアコスメは肌が乾燥せずさらさらした、コストパフォーマンスも良い製品をデパートで探してみましょう。

現在の肌に刺激を加えるスキンケア用化粧品を用いるのが現実的には肌荒れの主因ではないでしょうか。

エステで広く実践される素手でのしわをのばす手技。
ベルブラン
気になったときにすぐできるようになれば、見た目のきれいさをゲットすることもできます。

1番効果を生むためには、力を入れないことと言えます。毎晩のスキンケアに守ってほしいことは「ぴったりの量」であること。

シミの正体と対処法

顔のシミに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。皮膚にできるシミの正体は、メラニンという色素です。メラニンは、紫外線の刺激などで、メラノサイトからつくられます。

戸外で活動する時には、帽子や日傘を使って紫外線が直接皮膚に触れないようにすることで、シミをある程度防げます。抗酸化作用の高い栄養素を体内に取り入れることで、メラニンによる色素沈着を起こさせないということもできます。 続きを読む シミの正体と対処法